銀座で口コミや評判の高い全身脱毛サロンを集めました!

ブラジリアンワックスを使った脱毛時の注意点とは?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/06/08
    

砂糖やハチミツなどを含んだ粘度の高い素材で脱毛をおこなうブラジリアンワックスは、世界的に見ても非常に有名な方法です。そして日本でも専門のサロンに足を運んだり市販されている道具を使うなどで、体験できる機会は数多くあります。ただ満足のできる脱毛を実現するためにはいくつかの注意点があるので把握しておきましょう。

他の脱毛方法とは異なる注意点があります

ブラジリアンワックスは生えている毛を素材にしっかり絡ませてから、補助の布を使ってまとめて一気に引き抜くのが基本です。つまり毛抜きで1本ずつ抜いていくのとそう変わらないため、全身のいたるところに対応させやすいです。特にデリケートゾーンにも使用できるのが大きな強みで、見た目の改善だけでなく蒸れや汚れの予防にも繋げられます。

ただその性質上どうしても痛みが発生するものなので、敏感な部分だと人によっては耐えられないかもしれません。したがってその痛みと効率性を天秤にかけて、どちらを優先するかを決めることになります。

またクリニックで受けられる脱毛方法にはレーザーや電気針を使用する方法もあり、永久的に毛が生えてこないようにすることもできますが、ブラジリアンワックスにはその効果はない点にも注意しなければなりません。

あくまでも施術前に生えている毛を取り除く形で、数週間程度でまた新しい毛が生えてくるようになります。そのため無毛の状態を維持したいのであれば、定期的に施術をおこなう必要があることも覚えておきましょう。

自分でおこなう場合はより注意が必要です

ブラジリアンワックスの施術をサロンなどで専門家にしてもらうのであれば、よほどのことがない限りある程度の質の高さが期待できるでしょう。しかし自分でおこなう場合は、細かな部分にまで目を向けなければなりません。

よくありがちなのは脱毛する際の方向を間違えてしまうことで、肌の面と平行になるように動かすのが基本です。もし垂直に近い状態にすると抜けない毛が増えるだけでなく、痛みも大きくなる恐れがあるので注意しましょう。

またブラジリアンワックスは太い毛から産毛まで幅広く対応できるのが強みですが、根が張った毛は短すぎるとしっかりと絡め取ることができないため、残りがちになります。したがって最低でも1cm以上の長さになってからおこなうべきです。

アフターケアにも注意しましょう

人の身体はたとえ見た目が良くなくても、毛が生えているのがあくまでも自然な状態です。したがってブラジリアンワックスでまとめて脱毛をすると、多少の負担は与えることになります。そのため施術が終わった後は炎症が起こったり黒ずみなどの肌トラブルに発展しないように、アフターケアをおこなわなければなりません。

基本的には化粧水などで潤いを与えながら、自然治癒能力をサポートしてあげます。ブラジリアンワックス専用のアフターローションを使用しても良いでしょう。そうすると数日が経つ間に、健全な状態に近づいてくれるはずです。

ブラジリアンワックスをした直後の肌は毛穴が開いていて非常に敏感なので、間違っても別の刺激を与えないように注意をしましょう。よくあるのが脱毛した状態を手で確かめるために頻繁に触ったり、入浴時にいつもと同じ感覚で強めに擦ってしまうなどです。

 

広い範囲をまとめて一気に脱毛できるブラジリアンワックスは、コストを低く抑えられることが多いので、始めるためのハードルは低めです。そして上手に活用できると、シェービングよりも長い間ツルツルとした状態を維持できます

特に専門家でなくても手慣れた人であればきれいな脱毛の実現は不可能ではありませんが、それはあくまでも基本的な部分をしっかり押さえたうえでのことです。したがってブラジリアンワックスを始める前には、注意点をひととおり把握しておきましょう。