銀座で口コミや評判の高い全身脱毛サロンを集めました!

脱毛でじんましんになった?肌トラブルと脱毛について

    

脱毛したらじんましんになった?

 

 

脱毛サロンに通っていてじんましん(蕁麻疹)になった、という体験談を読んだことがありませんか?口コミサイトなどを追っていくと、真偽のほどは不明ですが、よくみかける体験談です。
実際のところ光脱毛なりレーザー脱毛は特殊な波長の光を肌に当てて施術するので、確かに過敏肌やアレルギー質の場合は何らかの肌トラブルになることはあります。
あらためて肌トラブルと脱毛について情報をまとめてみました。

 

 

光アレルギー(光線過敏症)について

日光や光線などの光の照射が原因で、肌に火傷、水疱、紅斑、蕁麻疹(じんましん)などが発症します。
通常、問題のない光でも肌に影響が出るのですが、これを光アレルギーとも言います。
脱毛施術では光を照射しますので、光アレルギーの方は一度よく診察してもらう必要があります。
光アレルギーにも種類がありますので、よく調べてもらえば問題ない場合もあります。
例えば紫外線に対して起こる紫外線アレルギーであれば、レーザー脱毛では照射する波長に紫外線は含まれませんので問題ありません。
脱毛は光の熱で毛乳頭にダメージを与えて毛を再生しなくするのですが、そのために肌には多少ですが熱がこもってしまいます。
肌に影響が及ばないようにするため、ジェルなどで冷却します。
中にはジェル自体にも毛再生に抑制をおこなう成分が配合されているものを使用するサロンもあります。
本来は肌トラブルを避けるためのジェルですが、中にはジェルの成分と肌が合わないケースもあるようです。
その場合、じんましんが発症する、肌が荒れる、などのトラブルが起きることもありますので、脱毛後、あるいは事前によく担当者と相談することをおススメいたします。
よく蕁麻疹という言葉は聞きますが、もう少し詳しく調べてみましょう。
蕁麻疹の症状は皮膚が赤くなる「紅斑」(こうはん)と、皮膚の一部が盛り上がる「膨疹」(ぼうしん)の二つの症状が主な形状になります。
また、見た目もつらいですが、痒みがひどい場合はこちらの症状の方が身体には負担になります。
中には灼熱感を感じる場合もありますので、症状によっては皮膚科の専門医にかかることも必要です。
脱毛施術の前にこのような症状が出てしまったら、まずは専門の医師によって診察してもらいましょう。
診察の結果をサロンやクリニックの担当者へ提出し、その後の対応について相談するべきです。
もちろん、軽微な症状であれば直接サロンやクリニックの担当との相談だけで良いかもしれません。

肌トラブルの原因と対策

脱毛が熱を伴う施術である以上は、肌に元々トラブルがある方は、よく施術方針について検討する必要があります。
そして、まずは肌トラブルの原因を探ることが大切です。
蕁麻疹はアレルギーをまず疑いますので、軽微でなければ皮膚科にかかってアレルギーの原因をつきとめてください。
原因が不明なまま脱毛施術を行うと、深刻な肌トラブルや皮膚トラブルになった場合、自分にその責任がかかってきます。
また、脱毛施術中に肌トラブルが発生した場合も、その原因が脱毛施術によるものか、それ以前のアレルギンによるものかで対応が変わってきます。
施術中に異変を感じたら、少々のことでもまずはサロン・クリニックの担当者と情報を共有し、よく相談をしてください。
サロン・クリニックの方も不要なトラブルにならないように、無理な施術スケジュールを強要はしないはずです。
脱毛施術前、もしくは施術中の肌トラブルについて述べてきましたが、実際にトラブルが発症した場合、担当者に連絡し事後を相談することはもちろん必要なことです。
サロンであれば提携している医師がいる場合がありますので、自分で医師を探すよりサロンに聞いても良いでしょう。

クリニックについてはそれ自身が医療関係になるので、クリニック自身での診察が可能なところもあります。
クリニックによってはこれも専門医を紹介してくれることもあります。

脱毛と肌・皮膚のトラブルは、絶対にゼロということはありません。
ましてや、元々肌の弱い方、過敏な方、そしてアレルギー体質の方は、ぜひ慎重に対応することをおススメいたします。

 

 

ランキングはこちら