銀座で口コミや評判の高い全身脱毛サロンを集めました!

脱毛後に飲酒するとどうなるの?アルコールNGの理由を知りたい

    

脱毛後に飲酒すると

 

光(フラッシュ)脱毛でも、医療機関のレーザー脱毛でも、脱毛後にはお酒を飲んではいけないことになっている理由を知っていますか。
平日は働いているからお休みの日しか脱毛の予約を入れられないという方は多いのではないでしょうか。
だから脱毛日に合コンの予定が入ったり、友達と飲みに行く約束が入ったりということも大いにあり得ます。
しかし脱毛前後にお酒を飲んでしまうと、自分が痛い目に合ってしまいかねますので今回ご紹介することを頭に入れておきましょう。

 

脱毛前後に飲酒がNGである理由

光脱毛にしても、レーザー脱毛にしても、脱毛のあとは肌がほてって、例えるなら海水浴で日焼けをしたような非常にデリケートな状態となっています。
そんな状態のままお酒を飲んでしまうとアルコールによって体温が上昇し、血行が促進されて肌に赤みやかゆみが出る原因となってしまいます。
お酒によってひどくなった赤みなどはなかなか引かずに元に戻りにくい可能性があるので注意しなければいけません。
脱毛後の肌は非常に敏感で急激に乾燥をしています。
ただでさえ肌は乾燥しているのにそこにアルコールを取り入れてしまうと、体温の上昇によって更に肌は乾燥してしまいます。
そうして乾燥した肌はかゆみが出やすくなり、もしそれをポリポリと掻いてしまえばもちろん跡にもなりやすく、せっかく脱毛をして綺麗な肌を手に入れようとしているのに、全く反対の事態にも陥りかねません。
脱毛後は乾燥対策として低刺激の化粧水や乳液、クリームなどでしっかりと保湿する必要があります。
脱毛後だけではなく脱毛前にもアルコールの摂取は控えましょう。
脱毛前にお酒を飲んでしまうと先ほども説明したとおり血行がよくなり、肌がほてったような感じになります。
その状態で光やレーザーの熱を受けると、その熱も肌にいつも異常にこもってしまうので、施術の際の痛みが普段に比べて大きくなってしまいます。
それだけではなく熱さの感じ方も大きくなるのでかゆみも出やすくなります。
この場合も、もしかいてしまうと肌にダメージを与えてしまいます。

もしお酒を飲んで肌トラブルが起こってしまったら?飲酒できるタイミング

万が一お酒を脱毛後に飲んでしまって肌にかゆみや赤みなどが現れた場合は火傷のときのように保冷剤や氷で冷やさなければなりません
クリニックでは赤みがでたときなどのために軟膏を渡していることもあるのでそれを使いましょう。
症状がひどいときには専門家のところですぐに診てもらいましょう。
脱毛の前日はお酒を控えなければいけません。
脱毛した当日ももちろんお酒は駄目ですが翌日などももし脱毛によって赤みやかゆみが出ている場合は控えなければなりません。
大体脱毛をしてから2日後などには症状は治まりますがこれは個人の体質、また光脱毛をしたか、レーザー脱毛をしたかでも症状の出方が変わってきますので、自分の症状を確認してからアルコールを摂取するようにしましょう。

アルコールが脱毛前後に及ぼす影響をみてきましたがいかがでしたでしょうか。
銀座の脱毛サロン、クリニックで施術を受ける際も必ずアルコールに関する注意事項が説明されるので、「自分は人に比べれば、お酒が強いから多少飲んでも大丈夫」「脱毛したときに痛みが出たことも赤みがでたことも今までないので一度ぐらい」と、脱毛日のアルコール摂取を軽視せずにきちんと規約を守るようにしてください。
せっかくお金と時間をかけて美しくなるために脱毛をするのですから、少々のお酒は少しの間は我慢しましょう。
ちょっとした心がけと気遣いで自らの肌を美しく導くことができます。

 

 

ランキングはこちら