銀座で口コミや評判の高い全身脱毛サロンを集めました!

脱毛後にマッサージを受けても平気?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/11
    

脱毛の施術を受けた後は、しばらくの間はマッサージを控える必要があります。

身体を揉む事により、血行が促進されてしまうからです。

少なくとも、施術を受けてから3日程度は控えたほうがいいでしょう。

 

 

 

冷気やジェルで肌を冷やしながら施術を行う

サロンやクリニックによる施術は、体毛周辺は冷やしていく事になります。

例えばあるクリニックが採用しているマシンは、レーザーが放出される機能がある上に、冷気も同時に放出されます。

というのも施術の時に、できる限り肌を冷やす必要があるからです。

肌を冷やす方が、レーザーによる痛みが生じづらいからです。

実際そのクリニックによる施術は、あまり大きな痛みはありません。

また多くのサロンでは、マシンから放出されるフラッシュを照射する前に、たいてい冷却用のジェルを使用しています。

ジェルで肌を冷やしておきますと、フラッシュによる熱傷が生じづらいからです。

またジェル自体に、肌を保護してくれる効果があります。

ジェルというバリアを張って、フラッシュによるダメージを軽減するイメージになります。

やり方は異なりますが、サロンもクリニックも施術で肌を冷やす事になります。

どちらの施術でも、肌に熱を加える事はありません。

基本的には、肌を冷やすのが望ましいからです。

 

施術の後に血行が促進されてしまう問題点

ところでマッサージには、血行促進の効果があります。

しばらくジョギングした後に体を揉んでいる方々も多いですが、それで血行が良くしてあげると、筋肉痛になりづらいからです。

ただ血行が良くなるのは、問題点もあります。

体温が高くなってしまうので、肌にトラブルが生じやすくなるからです。

実際、肌周辺の温度が高くなりますと、色も赤くなってしまいます。

そもそも太陽の光が肌に当たった後は、自然と赤い色になってしまいます。

太陽の光の熱により、肌が刺激されてしまいますから、赤みを帯びてしまう訳です。

ですから体を揉みますと、色が赤くなってしまう事もよくあります。

とりわけ脱毛の施術を受けた後は、赤くなりやすいです。

体を揉んだ直後に赤くならなくても、しばらく時間が経過すると色が変わってしまうケースが目立ちます。

また血行が促進されますと、肌が腫れてしまうケースも多いです。

その腫れの状態は、かなり目立ちます。

場合によっては、肌に痕が残ってしまう事さえあります。

少なからず肌に負担を与えてしまう訳です。

ですから施術を受けた後に揉むのは、控える方が無難です。

 

少なくとも3日ぐらいは揉むのを控える

ではサロンなどで施術を受けた後は、ずっとマッサージを控えるべきかというと、そうではありません。

少なくとも3日程度は揉むのを控えるべきです。

確かに施術の直後は、肌のトラブルが生じやすい状態になっています。

しかし施術を受けてから時間が経過しますと、だんだん肌の状態も落ち着いてきます。

その目安は、3日程度という事になります。

ですから施術を受けた当日や翌日などは、肌を揉むべきではありません。

揉むにしても、しばらく待つ必要があります。

理想は、施術を受けてから1週間ぐらいは揉むのを控えるべきです。

3日目に揉む事も可能ですが、肌が少々敏感な方々などは、万が一の事態もあり得るからです。

ですから肌のトラブルが生じるのを確実に避けたい場合は、大体1週間ぐらいは揉むのを控える方が無難です。

ちなみに揉むだけでなく、施術を受けたパーツ周辺に熱を加えるのも禁物です。

少なくとも3日程度は、むやみに温めるべきではありません。

 

つまり脱毛の施術を受けた後にマッサージして血行が促進されると、肌のトラブルが起こりやすい訳です。

万が一の事態を考慮しますと、少なくとも3日ぐらいは揉むのは避けるべきでしょう。

1週間ぐらい経過すれば、揉んでも問題ありません。