銀座で口コミや評判の高い全身脱毛サロンを集めました!

サロンで脱毛した後にやってはいけないこと

    

サロンで脱毛した後にやってはいけないこと

 

一流という言葉がぴったりなのが銀座の街であり、そこに集う脱毛サロンももちろん期待に応えてくれる一流サロンばかりです。
ワンランク上のおもてなしとハイレベルな脱毛の施術で対応をしてくれる銀座エリアの脱毛サロンですが、脱毛を受けた後にはいくつかの気を付けたいこともあります。

 

 

 

エステで脱毛を受けた日の夜は浴槽には浸からない

上品な大人の街銀座ですが近年では比較的広い年齢層が集うエリアにもなっているので、年代関係なくハイクオリティーなサービスを銀座で受けることができます。
美しさにかけても磨きをかけることのできる銀座の脱毛サロンを利用したら、施術後にはお風呂も気を付けることです。
日本人はキレイ好きでお風呂も大好きですから、毎日お風呂に入るのは習慣ではあるものの、脱毛サロンで背術を受けた日の夜だけは、浴槽には浸からないようします。

〇なぜお風呂に入ってはいけない?
エステ脱毛を受けた後の肌表面はいつもと変わりませんが、光の熱がまだ皮膚内部にこもっているので、浴槽に浸かりゆったりと体を温めると炎症が激しくなるからです。
内側からの炎症が入浴でひどくなれば、皮膚には赤みが出てきて、かゆみや湿疹は出るなどのトラブルも出てきます。
入浴をしないことが大事なので、シャワーで洗い流すだけのバスタイムだったら大丈夫です。
銀座のエステで脱毛を受けた日の夜だけは、ぬるめのシャワーで軽く淡い流す程度にしておきます。
翌日になったら肌の状態を確認して、問題がなければいつも通りお風呂に入って大丈夫です。

 

エステ脱毛後の肌は敏感なのでUVケアを怠らないこと

春の優しい日の光は心地よくて、心地よい気候と温度木漏れ日で外を歩くのも気分が良いですが、脱毛サロンで脱毛を受けた後は、季節に関係なくお日様の下を無防備に何時間も歩いてはいけません。
脱毛サロンで脱毛をした後の肌は見た目よりもずっと敏感になっているので、施術後に何もカバーしないでそのまま外へ出てしまうのはNGです。

〇なぜ日光に長時間当たってはいけない?
光脱毛はレーザーよりも優しいとは言われているものの、ムダ毛の成長を阻止するだけの強い力があるので、肌にもささやかにダメージが加わります。
もちろん肌は回復をするものの脱毛を受けた直後は特に、皮膚はとてもデリケートな状態です。
日中の脱毛サロンでのお手入れだったら施術後もまだ太陽は高いはずですから、サロンで肌の露出しているところに日焼け止めクリームを塗り外に出ること、日焼けをしないお手入れを徹底して行います。
光のダメージで肌はいつもよりずっと弱くなっているので、UVケアをしないで太陽の下に出ると、いつもより紫外線のダメージを受けやすいです。
日焼けもしやすくなりますし皮膚トラブルも起こりやすく、シミにもなりやすいですから脱毛後の紫外線対策は怠らないようにします。

 

大人の楽しみである飲酒も施術を受けた夜だけは休む

大人にはいろいろな楽しみがありますが、成人式を終えてからの楽しみはなんといってもお酒です。
でもサロンで脱毛した後にやってはいけないことの一つとして、その日の夜は飲酒は控えるようにします。

〇なぜお酒を飲んではいけない?
エステサロンのお手入れとお酒は一見すると全く無関係に思えますが、お酒は飲むことで体内の血液の巡りを良くし過ぎてしまうのはいけません。
人間の健康を維持するためにも体温は上げたほうが良いですし、血流は活発な方が良いのですが、エステサロンで脱毛を受けた日だけは話は別です。
光脱毛を受けると皮膚の内側は軽いやけどを起こしているようなものなので、炎症が起きていてできるだけ体を温めるような行為は控えなければなりません。
それなのに脱毛を受けた日の夜に飲酒をしてしまうと、血流が良くなって体はぽかぽかしてくるので、脱毛を受けた影響もあって内部の炎症が悪化してしまいます。
アルコールが回って程よい気分のはずが、肌の炎症が激しくなって皮膚がかゆくなったり、赤みが出たりしては大変です。
都内でもハイセンスなショップやレストランが立ち並ぶのが銀座であり、そこに店舗を叶える脱毛サロンも引けを取らない一流揃いです。
そんなラグジュアリー店もある銀座のサロンで脱毛した後には、肌のためにも脱毛効果を高めるためにも気を付けたいことがあります。