銀座で口コミや評判の高い全身脱毛サロンを集めました!

人気の冷却ジェルを使わない脱毛

    

冷却ジェルを使わない脱毛サロンにも店舗によって、施術の際に冷却ジェルを使うところと使わないところがあるのをご存知ですか。
同じ光脱毛だとしても、脱毛サロンによって施術の方法も当然違ってきます。
そして現状の光脱毛のサロンでは「冷却ジェル」を使うところが圧倒的に多いです。
そもそも、冷却ジェルとは何かといいますと、脱毛をする際に肌を冷やして光の痛みを感じにくくしたり、光から肌を保護する役割をもっていたり、脱毛機の光を集中させたり、美肌の効果が含まれていたりと各サロン冷却ジェルの成分や用途は機械に合わせて少しずつ違います。
そんな多くのサロンで使われている冷却ジェルですが、最近では「冷却ジェルが冷たくて嫌」「拭き取るときに痛みを感じる」「塗ったあとに拭き取る時間がいるため時間がかかる」「拭き残しのジェルが残っていて気持ち悪さを感じる」などの声も上がってきています。
そこで出てきたのが「冷却ジェルなし」の脱毛サロンです。
まだそんなに数はありませんが、今回は冷却ジェルが苦手という方に冷却ジェルを使わないサロンがどのようなものなのかご紹介したいと思います。

-4度冷却できる脱毛機

ある脱毛サロンでは照射口を肌に当てるだけで-4度に冷やせるという脱毛機を使用しているので冷却ジェルが不要です。
冷却ジェルを使っても使わなくても多くのエステサロンは照射後に肌を冷やすのですが、このエステサロンではその「お冷やし」の作業もないので時間も短縮できます。
「冷却ジェルがない分痛くないか心配」という声も聞こえそうですが、口コミでは冷却ジェルがなくてもほとんど痛みはなく、効果もあるということで人気があります。
この方法なら、真冬の寒い時期でも冷たさに苦労せず脱毛が受けられます。

アイスノンで冷却

冷却ジェルの代わりに照射の前にアイスノンで冷やして光を当てるという方法をとっているサロンもあります。
冷却ジェルを使うサロンよりは冷たさは軽減できますが、アイスノンを使うので一瞬寒さは感じます。
このサロンでは施術のあともタオルで冷却をするので少し寒いかもしれません。
しかし、冷却ジェルの拭き取りの痛みや拭き残しの不快感などはありません。

医療クリニックは部位による

これまで光脱毛のエステサロンをみてきましたがクリニックでの脱毛は基本的にジェルをあまり使わないようです。
クリニックで一般的に使われることが多いアレキサンドライトレーザーの「ジェントルレーズ」という種類は照射の直前に冷却ガスを噴出し、肌の表面を-21度にまで一瞬で冷やせるという機能があります。
そのおかげで痛みを和らげ、火傷のトラブルも防ぐことができます。

もうひとつよく使われているダイオードレーザーの「ライトシェアデュエット」は皮膚を吸い上げながら照射をするというタイプのものです。
照射時間が短いので痛みが軽減されます。

しかしクリニックの場合は顔やVIOのデリケートな部位だけには肌を保護するという理由でジェルを使うところが多くあります。
ジェルが苦手な人は契約前によく確認しておく必要があります。

冷却ジェルの代わりに違う方法で脱毛しているサロンをみてきましたがいかがでしたでしょうか。
なかには冷却ジェルが苦手で、脱毛サロンに行くことを諦めたという話もあるので、そこまで冷却ジェルが苦手な方は今回ご紹介したような施術方法を取り扱う脱毛サロンを選んでみてはいかがでしょうか。
脱毛に適した時期は日焼けしていない、そして次の夏までに猶予があって比較的予約も取りやすい秋~冬と言われているので、ただでさえ寒い時期に更に寒い思いはしたくないと思う方は銀座にも冷却ジェル不要のサロンがあるので

一度カウンセリングへ言って詳しく聞いてみましょう。

 

 

ランキングはこちら