銀座で口コミや評判の高い全身脱毛サロンを集めました!

サロン脱毛後しばらくお風呂に入ってはいけない理由

    

脱毛後お風呂に入ってはいけない理由

 

脱毛サロンにしろ、クリニックにしろ、脱毛後はお風呂へ入ってはいけないということを耳にしたことはありますか。
「全身脱毛する間、ずっと寝たままなので疲れた」「脱毛のときに裸になるので冷えたからゆっくりと温まりたい」「お風呂に入らないと1日の疲れが取れた気がしない」日本人だからこそお風呂に浸かる気持ちよさを知っているため、お風呂に入りたい理由は様々だと思います。
しかしもしこの規則を破って脱毛後お風呂に入ったら、いったいどんなことが起こるのでしょうか。
今回は脱毛後にお風呂に入ってはいけない理由をご紹介したいと思います。

 

脱毛後は日焼けした後と同じ

脱毛サロンの光脱毛でも、医療機関のレーザー脱毛でもどちらも毛根を死滅させるだけの威力をもった熱エネルギーを出力しています。
光脱毛に関しては施術を受けていてもあまり痛みは感じないのでそこまでお肌にダメージがあるようには感じられませんが、毛根の細胞が死ぬほどのパワーの光が肌にも当たっているので当然肌にもダメージを負い、いわば夏の強い日差しで日焼けをした後のような状態になっています。
脱毛後いくらサロンやクリニックが施術後の肌を冷たいタオルなどでクールダウンしてくれたとしても、まだ肌には熱がこもっています。
この状態でもし体温を上げてしまうと肌には赤み、かゆみ、腫れという症状が出やすくなり、肌トラブルの原因となります。
その理由から入浴をはじめ、体温が上がる運動やアルコール摂取なども控えなくてはいけません。

雑菌が入りやすい

脱毛後に入浴を控えなければいけない理由はもうひとつあります。
実は普段私たちが使っているお風呂の浴槽にはいくら掃除をしていても目に見えない雑菌が多く含まれています。
脱毛後のお肌は毛穴が開き、免疫力も普段に比べて弱っているため、もしそこから雑菌が侵入すると肌に炎症が起こってしまいます。
もちろん家のお風呂だけではありません。
公共の温泉やサウナ、岩盤浴は家とは比べられないほど雑菌がいるので絶対に入らないようにしましょう。
血行促進をさせないためにも家のお風呂と同じように避けなければいけません。
また、衛生面の懸念から公共プールや海水浴場に行くことも脱毛後すぐは避けましょう。

脱毛した日はぬるめのシャワーで

脱毛した日にお風呂そのものが駄目というわけではありません。
脱毛した当日はぬるめのシャワーなら浴びても大丈夫です。
しかしシャワーをするときにもいくつか注意点があります。
脱毛した当日、その箇所をタオルなどで力強く洗うのは避けましょう。
また脱毛後は脱毛によって肌にこもっている熱をさますために水分が蒸発しているのでとても乾燥しています。
シャワーのあとも化粧水・乳液・クリームなどでしっかりとデリケートになっている肌に潤いを与えてケアを忘れないようにしてください。
基本的には脱毛日の翌日から入浴は大丈夫と言われていますが、もし翌日になっても赤みや腫れ、ほてりがあれば入浴はもちろん避けて専門家や医師のところへ行きましょう。
翌日入浴する場合も温度はまだぬるめで、時間も短めにして入りましょう。

脱毛後すぐの入浴がどのように肌へ影響するかをみてきましたがいかがでしたでしょうか。
自分では自覚していなくても脱毛後の肌はダメージを抱えています。
少しぐらいなら大丈夫だろうと思って規則を守らなければ思わぬ肌トラブルになってしまい、後々後悔する結果になることもあり得ます。
銀座にも多くの脱毛サロンがありますが脱毛する際はそのことを頭に入れて行うようにしましょう。
せっかくの脱毛施術ですから、トラブルなく終わらせてしまいたいものです。
たった1日の我慢で思わぬ肌トラブルを予防できるのですから、ぜひ試してみてください。

 

 

ランキングはこちら