銀座で口コミや評判の高い全身脱毛サロンを集めました!

運動好きは知っておきたい。脱毛後の運動はいつからOK?

    

脱毛後の運動はいつからOK?

 

 

脱毛後に注意すべき点として「運動は控える」ということがよく言われます。
各サロンからも「脱毛後はしばらく運動を控えてください」と注意されることがあります。
しかし、なぜ脱毛後に運動を控えなければならないのか分からない人も多いようです。
そこで今回は、脱毛後の運動がどうしてNGなのか、また運動を開始していい時期はいつ頃なのかという点を詳しく見ていきます。

 

 

なぜ脱毛後の運動はダメなのか? 脱毛後のNGなこと

サロンにおける脱毛は基本的に光を肌に照射して行うので、施術後は肌が熱を帯びて火照った状態になっています。
言い換えると、肌が軽いヤケド状態にあるので、いつもよりヒリヒリするなど、かゆみや赤みが出やすい状態となっています。
そんな状態でさらに体を火照りやすくする運動を行ったらどうなるでしょうか? 余計に肌の火照りが悪化してヒリヒリ感が強くなったり、かゆみが酷くなったりします。
一時的に冷却すれば大丈夫と思っていると意外とこの痛みやかゆみが長引くこともあるのです。
また、脱毛の施術後はあきらかに毛穴が開いた状態になっています。
そんな状態でたくさん汗をかくと、開いた毛穴に汗がたまってツミや汚れ、肌トラブルの原因になります。
できるだけ体温を上げない、汗をかかないということに注意を払いましょう。
脱毛後は皮膚が軽い炎症状態にあり、毛穴も通常より開いています。
この状態で直射日光や紫外線をもろに浴びるのは危険です。
晴れの日のランニング、ジョギングなどは肌を太陽に晒すだけでなく、体温を上げることにもなります。
同様に外でのレジャー、野外スポーツも控えてください。
「プールは体が冷えるから問題ないのでは?」と言う人もいますが、実はプールも問題です。
プールの水には塩素が含まれており、この塩素が開いた毛穴から入って肌を痛めることがあります。
また、プールは不特定多数の人々が利用するのでそれだけ雑菌が多く、それも開いた毛穴に悪影響を及ぼす場合もあります。
海水浴はプール以上にばい菌や病原菌が多いのでNGです。
脱毛後は「日差しを浴びすぎない」「体温を上げすぎにくい」「開いた毛穴に注意する」が基本です。
入浴は体温を上げることにつながるので脱毛直後はNGを出しているサロンも多いです。
数日はシャワーで我慢しましょう。
シャワーのあともできるだけ肌の保湿ケアを行ってください。
サウナは入浴よりも急激に体温が上がって火照るので注意が必要です。
また、共同のサウナや岩盤浴の場合、プールと同じで不特定多数の人が利用するので毛穴から雑菌が入りやすくなります。

脱毛後の運動はいつからOK?

脱毛後の運動OKの期間は各サロンによってそれぞれ違います。
銀座の脱毛サロンにおいても2~3日の期間だけNGを出すお店もあれば、1週間NGを出すお店もあります。
脱毛後の肌の状態を考えれば「1週間から10日間は運動を控える」のがベストと言えます。
数日経つと肌の火照りも解消されて問題ないように感じられますが、実はまだ肌が弱っていて熱がこもっている状態が続いていることがあります。
自分で痛みや火照りを感じないからといって安心して運動を始めると、そこから問題が起きることもあります。
慎重を期して1週間から10日間は運動を控えましょう。
どうしても運動できないのが辛いという人でも、最低3日間は運動を控えることをオススメします。
「軽い運動なら大丈夫では?」と思ってストレッチやヨガをする人もいますが、軽い運動でも肌は悪化する可能性があります。
脱毛直後は激しい運動だけでなく軽い運動も控えたほうが賢明です。

脱毛後の運動やアフターケアについてご紹介いたしましたが、いかがだったでしょうか。
せっかくの脱毛ですから、アフターケアをしっかりしてトラブルを事前に防ぐようにしましょう。

 

 

ランキングはこちら