銀座で口コミや評判の高い全身脱毛サロンを集めました!

ステロイドの副作用で脱毛が?ステロイドと光・レーザー脱毛

    

ステロイドと脱毛
 

脱毛は女性にとってダイエットやビューティーエステと同じほど興味のある分野です。
しかし、脱毛の施術は安易で実施できるものではないということを、案外知らない人が多いのではないでしょうか。
例えばステロイド剤を使用中の方は施術を断られることがあります。
ステロイドと言えば市販の薬にも配合されている極めて日常的な成分です。
それが何故だめなのでしょうか?
ここでは案外見落としているステロイドと脱毛に関する情報をまとめてみます。

 

ステロイドとは何なのでしょうか?

まず、ステロイド剤とは何か調べてみましょう。
アトピーなどの治療でステロイド剤を使いますが、安易な使用方法は危険だと言われています。
ステロイドの効能は多様ですが、その中に多毛症という体毛が増える症状があります。
つまり、脱毛とは正反対の抜け毛や薄毛の治療に使うことがあるのです。
しかもステロイド剤は薬剤の中ではかなり効果の高く強い成分だといわれています。
そのため副作用によっては深刻なダメージを身体に負うことがあります。
もう少しステロイド剤の効果や作用を調べてみましょう。
ステロイドは副腎皮質から生成されるホルモンから作られます。
このホルモンの作用に、免疫抑制と抗炎症の二つの作用があります。
つまり、ステロイド剤には免疫をセーブする効果と、炎症を抑える効果があり、薬として使われる場合はこの二つの作用を目的とした薬剤に生成されます。
よく聞くのはアトピーなどの皮膚炎、ニキビなどの炎症に使うという事です。

ステロイドによる多毛とは?

ステロイド薬剤の目的は上記の二つが主な目的ですが、実はこの効用の他に多毛という副作用があります。
副腎皮質ホルモンには男性ホルモンが含まれていますが、この男性ホルモンが男性らしい体毛を増やす機能を持っています。
そのため多毛症などの作用が発症するわけです。
脱毛は一方で体毛の発生を制御する行為です。
現在、一般的な脱毛施術は光脱毛とレーザー脱毛だと思われます。
光脱毛は医療免許が不要な施術ですからサロン系の脱毛に使われます。
レーザー脱毛はより強力な効果があるため、医療資格を必要しますので、医療系脱毛のクリニックで使われています。
光脱毛であってもレーザー脱毛であっても、その脱毛の仕組みは毛周期に合わせて「毛根」にダメージを与えることで脱毛させる点では共通しています。
ステロイド剤の副作用としての多毛効果はこの脱毛の機能と正反対になりますので、脱毛施術と同時にステロイドの使用はさけるべきなのです。

レーザー脱毛と光脱毛の違い

では、光脱毛とレーザー脱毛の違いを簡単にみてみましょう。
簡単に説明すると波長の強弱によります。
もしくは波長が違うことです。
光脱毛では複数の波長の光を照射します。
それも広範囲に照射します。
そのためレーザーと比べると柔らかく肌に効果を与えます。
レーザー脱毛では照射する波長は単一で、威力も強く、光より狭い範囲を照射します。
かなり強力に肌に影響を及ぼすため、医療従事者でないと扱えません。

では、ステロイド使用時の脱毛施術は全く無理なのでしょうか。これは個別のサロンやクリニックの考え方によります。
確かにサロンによってはステロイド使用中の脱毛は遠慮するところもありますが、医療系のクリニックではアトピーなどの治療の状況に合わせて相談を受けてくれるところもあります。最初にカウンセリングや問い合わせの際に「アトピーの治療中ですけど、大丈夫ですか?」「肌荒れの治療にステロイド薬を使っていますが、施術はできますか?」などと相談してはいかがでしょうか。
あるクリニックでの応対では、基本的にはアトピーの症状を見ないと明確なことは言えませんが、意外と脱毛施術は可能な場合が多いと言います。クリニックの場合はやはり医療資格を持ったドクターが対応してくれるので、その点でも安心できます。
脱毛施術は毛根に対して負荷をかける行為ですから、人によっては健康状態と密接に関係してきます。例えばステロイドを使用する治療にはアトピー治療の他に、ぜんそく、リウマチ、肺炎、湿疹など多様な治療に使われています。あるいは日常的に使う虫刺されなどにも使われています。
意外なところで影響があることもありますので、脱毛の際には専門家によく相談することをおすすめします。

 

 

ランキングはこちら