銀座で口コミや評判の高い全身脱毛サロンを集めました!

肌が弱い人が気になる!弱肌に脱毛は大丈夫?

    

肌が弱い

 

敏感肌やアトピー肌といった弱肌の方は、脱毛しても大丈夫なのでしょうか?
特に、弱肌&毛深いといった方などの場合、悩みも深く、脱毛していいものかどうか迷われることでしょう。

結論から言いますと、脱毛することは可能です。
ただし、その時の肌状態にもよるということを付け加えなくてはなりません。

 

 

そもそも、敏感肌やアトピー肌とは、どういった肌のことでしょうか?

皮膚の構造の話になりますが、人間の皮膚は層になっており、一番下から皮膚組織・真皮・表皮と重なっています。
この表皮(肌のバリア部分)が正常に働くことで、肌は健やかに保たれています。
その表皮の一番外側を覆う「皮脂膜」が外部からの刺激を防ぎ、角質層にある「NMF」と呼ばれる天然保湿成分が肌内部の水分を保持、また、「細胞間脂質」であるセラミドなどが角質間の隙間を埋めて、水分の蒸発を防いでいます。
この「皮脂膜」「NMF」「細胞間脂質」が正常に働くことで、肌のバリア機能も万全で、健やかな肌でいられるのです。

 

アトピー肌や敏感肌は、何らかの要因によって、これら3要素「皮脂膜」「NMF」「細胞間脂質」が不足し、肌のバリアが壊れている状態です。
そうなると、紫外線や摩擦、寒暖などの外部の刺激を受けやすく、肌の乾燥・ガサガサ・かゆみなどの症状が現れます。
アトピー肌の場合は、その症状に加えて、皮膚にアレルゲンや細菌などが侵入しやすくなり、アレルギー反応の症状も加わるため、湿疹・赤み・強いかゆみが引き起こされるのです。

 

ところで、脱毛サロンの光脱毛ですが、次のような流れで、施術が行われます。

「施術前の肌チェック」→「テスト照射」→「照射後のダメージチェック」→「施術開始」

脱毛施術をする前には、肌の状態をチェックし、脱毛できるかどうか、問題が起きないかどうかを確認するのです。
また施術中も出力を調整し、肌にダメージを与えないように注意します。
施術後は肌をクールダウンさせ、保湿ケアを十分にしてくれます。銀座には多くのサロンが点在していますが、サロンによっては、施術前に再三にわたる肌状態のチェック・施術後のアフターケアの充実・医師との連携など、肌トラブル回避のための念入りな配慮がある店舗もあります。

 

そんな脱毛サロンですので、さまざまな脱毛方法の中でも、一番安全な脱毛方法と言えるかもしれません。
つまり、敏感肌の方の場合、出力がおだやかで、刺激も少なく、肌に優しい脱毛サロンの光脱毛が向いていて、脱毛を検討するなら脱毛サロンがベストということになるでしょう。
あとは、丁寧なカウンセリングを実施し、念入りな照射テストをしてくれるサロンがより望ましいでしょう。

 

なお、アトピー肌の場合ですが、こちらはサロンによって対応はさまざまですが、施術は受けられても、肌の状態によって制約がある場合がほとんどです。
たとえば、「アトピー肌の方も施術は可能。赤味のある部分は避けて施術します。ただし、かゆみなどの強い時期は避けて下さい」、「アトピーでも肌の状態が安定しているなら、施術OK。ただし、皮膚科などに通院している場合は、医師の許可が必要」、「施術可能。ただし、医師から処方されている薬がある場合は、一週間ほど使用をやめる必要あり。ステロイド剤を使用している場合は、6ヶ月ほど施術できない可能性あり」といった対応が多いです。
つまり、症状が強い場合や、医師の確認が取れない場合は、施術を断られる可能性が高いでしょう。
なお、アトピーの症状には個人差がありますし、体調によっても症状は変化します。
ですので、脱毛を検討する場合は、普段治療を受けている皮膚科の医師に脱毛してもよいかどうか相談してみるのが一番良いでしょう。

 

最後に、アトピー肌の方が脱毛サロンを選ぶ際に、チェックしてもらいたいことがあります。
それは、「アトピーが悪化して、しばらく脱毛を休みたいときにも対応してもらえるのかどうか」ということです。
サロンによっては、契約コースの回数を消化する期間が限定されていることもあります。
症状によって、休みながら通うことが可能なのかも事前にチェックしておくと良いですね。

 

 

ランキングはこちら